RL-logo-91.png
2015/1/25: ラシーン専門のBLOG ラシーンライフ を作成しました。 これからどんどんコンテンツを増やしていきます。是非ご覧になって下さい。 MINORU

MDIサスペンション

初期取付け済みのサスペンション.jpg

購入当初はこの車種不明のサスペンションが取り付けられていた。
取り付け軸と穴径がアンマッチしていたためか、なんと取付け軸側を削ってはめるという暴挙。
アメリカ人がやりそうなことだ。。

通常走る分には、ナットのゆるみがないようにしっかり押さえつけていれば問題ないレベルだったのだが、チェーン清掃をしていた際にオイルにじみを発見。スプリングの錆も全体に広がりつつあったので、この先の寿命もそう長くないと判断し思い切って交換した。


MDIサス

それがこのMDIサス。

東京の日野市にお店を構える、アールプロジェクツさんが代理店として取り扱っているサスペンションである。ヤフオクにも検索すればたくさん出てくる。
自分は純正よりも30mmほど短いタイプのモノを購入した。


MDIサスの特徴は、とにかく「硬い」という所にある。取り付けたときはリジットサスかと思うくらい硬かった。
バイクに跨ったとき、リアの沈み込みが全くといって言いほどない。友達を乗せて見ると、微妙にスプリングが縮んでいるのは確認できるのだが、乗っている人間からしたらシートとタイヤだけがクッションになっているような錯覚を覚える。それほど硬かった。


取扱説明書に、「200kmほど走ってならしをしてください」と書かれていたが、200km程度走行しても全然変化が見られず、諦めて1000kmほど走ったらようやくこなれてきた。
4000km程走った現在はいい感じでショックを吸収してくれる。あんなに硬かったサスペンションとは正直想像も付かない。タンデムしてもパッセンジャーが不快に思うような突き上げはほとんどない。


取り付けたMDIサスペンション.jpg

取り付けたすぐは、前後バランスがめちゃくちゃになっているためか、リアだけ踏ん張ってフロントが負けて滑り出しそうになって怖い思いをした。
そのため、後日フロントサスのオーバーホールも依頼することになるのである。



(追記:2010/04/22)
8000km走行後の経過報告を、別の記事でUPしました。


この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。